ウォーターサーバーにかかる諸費用

ウォーターサーバーを利用する際には、電気代とウォーターサーバーのレンタル代、ウォーターサーバーのメンテナンス代、ウォーターサーバーを置く時にかかるお金、実際に飲むウォーターサーバーの水のお金、配送料、解約手数料がかかります。これらのお金やどの項目にどれくらいのお金がかかるのかというのは、ウォーターサーバーの業者ごとに異なります。

 

それでは、詳しく見ていきましょう。

 

ウォーターサーバーのレンタル代とメンテナンス代については、業者によって異なり、お金がかかる業者とタダの業者があります。また、レンタル代とメンテナンス代のどちらの代金もタダと業者もあったり、一方の代金だけがタダという業者があったりするため、各ウォーターサーバー業者で違いがあります。

 

ウォーターサーバーのを置く時にかかるお金は、タダの業者が多いですが、お金がかかる業者もあります。ウォーターサーバーの水の料金は必ずかかりますが、ミネラルウォーターなどよりはかなり安く提供している業者ばかりです。

 

また、1ヶ月の間に既定以上のボトルを注文をしたときには、次の月に1本分タダになるというサービスを行っている業者も存在します。

 

宅配料についてはタダの業者が多いようです。

 

解約金についてですが、ある程度の期間が経過すると、解約料は取れないみたいですが、業者が決めた契約期間内に解約をしてしまうと、少なくて5000円、多いと1万円の解約料を取られるみたいです。

 

以上のようなお金に関係することやサービス内容は各業者によってバラツキがあるため、自分の生活スタイルに合わせて、業者を比べてみたり、事前にウォーターサーバー業者のサイトなどをチェックしたりして、選ぶことが大切になってくるでしょう。