ウォーターサーバーの1ヶ月の電気代はいくら?

お湯と冷たい水を常時飲むことができるウォーターサーバーですが、電源はずっとコンセントにさしたままです。そんなことから電気代の心配をすることでしょう。

 

ウォーターサーバーの電気代ですが、業者や使用方法で違うので一概には言えませんが、1ヶ月で1000円程という業者が多いみたいです。

 

この電気代をほかの電化製品と比較してみると、電気ポットを使用した場合と同じ程度です。しかし、ウォーターサーバー業者のなかには、その半分の電気代しかかからないところもあり、もっと電気代がかからないウォーターサーバー業者では100円以下という業者もあります。

 

電気ポットの場合、お湯を沸かす機能だけですが、ウォーターサーバーの場合、お湯以外にも冷たい水を作ってくれる機能があるので、1台あれば冷たい水とお湯が使えるわけです。そのため、電気ポットよりもウォーターサーバーの方が利便性が高いと言うことができるでしょう。

 

また、お湯がいつでも使用可能なので、お湯を沸かす時間を待たなくてもいいため、忙しい朝などにも最適だと言えるでしょう。そのようなことを考えると、電気ポットと電気代は同等ですが、安いと考えることができます。

 

また、ウォーターサーバー業者によっては電気代が100円以下というところもあるので、電気ポットよりもウォーターサーバーの方が利点が多いと言えます。

 

ほかにも、冷たい水を使う場合、冷蔵庫よりも電気代がかからないそうです。冷蔵庫の場合は、ドアを開閉することによって電気を多く使ってしまうので開閉回数が多いとそれだけ電気代がかかります。

 

ウォーターサーバーの場合は、常時電源が入っていますが、それでも電気代は高いとは思わないでしょう。使っていても電気代の心配をしなくていいのでそれだけでも楽だと思います。

 

ウォーターサーバーを利用する家庭が年々増え続けている理由の1つは電気代があまりかからないからなのでしょう。