ウォーターサーバーの電気代を抑える方法

家庭用のウォーターサーバーはお湯や冷たい水を作るために電気を使っています。そうなると電気代がかかるのは当たり前です。

 

そうなってくると、お湯と冷たい水では、どちらの方が電気代がかかるのか、もしくは、かからないのかということを疑問に思う方もいるでしょう。ウォーターサーバーというのは毎日使うものなので電気代がかからない方がいいですよね。

 

エアコンの場合は、冷房と暖房では電気代が異なります。これと同じように、ウォーターサーバーの場合もお湯と冷たい水で電気代が異なります。

 

普通は、お湯の方が電気を多く使うので、お湯と冷たい水を同じ頻度だけ使うとするとお湯の方が電気代がかかります。しかし、このお湯と冷たい水を使う頻度は季節によって異なりますし、お湯と冷たい水の温度設定を変えても電気代が変動します。そう考えると、どちらの方が電気代が安く抑えらるかということは一概には言えないということになります。

 

ウォーターサーバーの電気代を抑えたいというときには、冷たい水の場合は、高めの温度に設定して、お湯の場合は、低めの温度に設定するという方法を選択するのが最適な方法です。

 

この方法を選択することによって、15〜25%程度の電気代を節約することができるのです。

 

エアコンもそのようなことをすることで電気代を抑えられるので、そのイメージと同じと考えてもらえると分かりやすいでしょう。

 

ここで注意点があります。電気代を節約しようとして、ウォーターサーバーを使用しない時にコンセントを抜いてしまうと、メンテナンスをしなければいけないことになりかねません。

 

メンテナンスをしなければいけなくなると、お金がかかったり、手間がかかったりといろいろ大変になるので、電気代を抑えようとしてコンセントを抜くことだけは避けましょう。