放射性物質対策にはウォーターサーバーを導入しよう!

私たちが生きていられるのは水のおかげです。2011年の3月11日に起きた原発事故以来、水道水から国の安全基準を超える放射性物質が検出されたことにより、多くの方が水の安全性に不安を覚えるようになりました。

 

それでは、どのような対策をすれば安全な水を利用できるのでしょう。水道水では、放射性物質を取り除くことは難しく浄水器を使っても、浄水器のフィルターに放射性物質が溜まってしまうので絶対に安全な水を飲むことができるわけではありません。

 

また、精度の高い機能が付いている浄水器を買っても、カートリッジを定期的に取り替えなくてはならず、そのようなことは現実的にはお金がかかりすぎて難しいのが現状です。

 

そんなことから、放射性物質が含まれている水を飲まないためにはウォーターサーバーを利用するということが良い対策でしょう。

 

実際の話ですが、水道水から放射性物質が検出された後には、ウォーターサーバーを注文する方が増え、品切れになるという事態が起きました。

 

ウォーターサーバーに使われている水というのは、選び抜かれた場所で採った水を使っています。どの場所で採れた水を使っているかは、業者ごとで違いますが、放射性物質が含まれている可能性は低いと思ってもいいでしょう。

 

また、業者によっては放射性物質の検査の結果をサイトでチェックすることができます。ほかには、ハワイなどといった海外の水を使っているウォーターサーバー業者があるので、採れた場所がどこかということでウォーターサーバー業者を選ぶのもいいかもしれません。

 

また、放射性物質を取り除くことができるRO膜を使っているピュアウォーターやそのピュアウォーターにミネラルを添加した水を扱っているウォーターサーバー業者を利用するのもいいかもしれません。