ウォーターサーバーの電気代を安く抑えるコツ

家庭用のウォーターサーバーは電気で動いています。そのため、電気代がかかるのは当たり前で、その電気によって冷たい水やお湯ができるわけです。

 

通常は毎日のように使うので、それなら電気代を安くできた方がいいですよね。

 

しかし、電気代を安くするために、使っているときだけコンセントにさして、使わないときにはコンセントから抜いてしまうと、メンテナンスをしなければいけないことにつながりかねないので、コンセントから抜くのは避けましょう。ほかにも、コンセントから抜いてしまうと、衛生上、水に良くないので、家庭用のウォーターサーバーは常時コンセントにさしたままにしてください。

 

ウォーターサーバーの電気代を安くしたいときには、冷たい水の設定温度を少し高めにしたり、お湯の設定温度を少し低めにしたりするという方法を選択するのがベストと言えます。

 

これだけで、電気代を15〜25%も節約することができます。

 

エアコンの電気代を安くするときには同じようなことをすると思うので、イメージとしてはエアコンの節約の仕方と同じと思っていただければいいと思います。

 

また、冷たい水を使うよりもお湯を使う方が電気代が高くなので、お湯の方の設定温度を低めにすると電気代が安く抑えられるでしょう。

 

家庭用のウォーターサーバーというのは、冷たい水とお湯が簡単に飲むことができる点が魅力です。電気ポットを使ってお湯を温める場合と冷蔵庫を使って冷たい水を冷やす場合よりも、ウォーターサーバーを使った方が電気代がかからないので、ウォーターサーバーを使った方が、電気代を安く抑えられます。

 

家庭用のウォーターサーバーには、ほかのウォーターサーバーよりも省エネに特化したタイプがあるため、電気代を安くしたいということでしたら、そのようなウォーターサーバーを選択する方法を取ってもいいでしょう。