ウォーターサーバーのメリットとデメリット

ここでは、ウォーターサーバーのメリットとデメリットを紹介します。

 

ウォーターサーバーのメリットの1つ目は、水を運ぶ必要がないことです。宅配サービスなので、業者が家まで水を持ってきてくれるので、特に女性に人気があります。

 

また、ミネラルウォーターやピュアウォーターなどの種類があるため、そのなかから自分の健康や自分の目的に適した水を選択できるのもメリットの1つと言えるでしょう。ほかにも、お湯と冷たい水の両方がいつでも飲めるという点もメリットの1つでしょう。

 

ミネラルウォーターを買ってきて、そのミネラルウォーターでお湯を沸かして、お茶やコーヒーに利用するというのは手間がかかって面倒ですし、家庭で行う方はそれほど多くはないでしょう。その点、ウォーターサーバーならいつでもお湯が出るので簡単にお茶やコーヒーを作ることができます。

 

ウォーターサーバーの代わりにミネラルウォーターを飲むとすると、特に夏場には冷蔵庫がミネラルウォーターで一杯になってしまいます。そのようなことを防ぐことができるのもメリットとして挙げられるでしょう。

 

次に、ウォーターサーバーのデメリットについてです。

 

ウォーターサーバーを利用するにはスペースが必要です。そのスペースには縦と横が35センチずつの正方形のスペースが必要なので、狭い家などでは使うことは困難かもしれません。

 

ほかにも、12リットルで1本なので重量がある点も挙げられます。そのボトルを、地面から1メートル程上の部分にセットしなければならないので女性の場合は少し力がいります。

 

電気代については、電気ポットを同じくらいの電気代なので、この点についてはデメリットと言えるほどではないと思います。衛生面に関しては、菌がつかないようなシステムを採用していたり、ボトルに菌がつきにくい加工をしていたりと、各業者でいろいろなシステムを採用しているので、さほど不安がる必要はないでしょう。